お肌に負担の少ない「おすすめ」自己処理。

お知らせ

松江 脱毛サービス おすすめ自己処理

脱毛サロンに通う時に言われるのが

『毛抜きは絶対にダメです。カミソリもあまり使わないように。』と言われます。

 

それは何故なのかというと、

簡単な除毛法ですが、毛や皮膚にトラブルを起こしてしまう可能性は低くありません。もっとも多いトラブルは「埋没毛」といって、抜いた後にふたたび生えてくる毛が毛穴からきちんと生えてこず、毛根の内部で成長してしまう症状です。痛みなどはありませんが、毛穴周りで毛がぐるぐると結び目のように伸びるためポツポツと目立って見えてしまいます。

更に深刻なトラブルには「毛嚢炎」があります。無理に毛を抜いたことで毛根の内部や周囲が傷ついてしまい、雑菌が入ることで炎症を起こす症状です。赤く腫れたり膿んだりするなど、ひどくなれば皮膚科での治療が必要になってしまうかもしれません。

その他のトラブルには、毛穴周りに刺激を与え続けたことで肌が黒ずんでしまう「色素沈着」も挙げられます。

また、毛根を繰り返し刺激することが原因で「硬毛化」という現象を引き起こし、だんだん毛が濃くなってしまう可能性も指摘されています。

カミソリの場合は皮膚ごと削いでしまうので乾燥の原因にもなります。

 

そこで、なるべくお肌に負担をかけずに自己処理するにはシェーバーがおすすめです!

『シェーバーってたくさんあって迷ってしまう…』

 

レディースシェーバーは商品によって使用できる部位が違っています。まずは、どこのムダ毛を処理したいのか決めて、対応しているものを選ぶようにしましょう。

最も種類が多いのはボディ用です。腕や足を中心に、ワキに使えるものもあります。シェーバーの先端が広めになっており、短時間でスピーディーに処理できるのが強み。ただ商品によっては腕と足のみにしか対応していない場合もありますので、ワキの処理もしたい方は対応しているか確認してくださいね。

 

顔の産毛・眉毛など顔に使いたいのなら、必ず顔用のシェーバーを選んでください。ボディ用では細かな部位に対応できず、また刃の当たる範囲が広いので危険です。顔用はカミソリのような形状をしているので、指の産毛など顔以外の小さな範囲に使うこともできます。

 

清潔に使えることも、選ぶ上で大切なポイントです。水洗いに対応したモデルなら使用後に洗浄できますが、非対応モデルを選んだ場合はお手入れをしっかり行いましょう。処理した毛が刃に付着したままでは雑菌が繁殖しやすくなってしまいますので、使い終えたらブラシで払い落として、消毒をして湿気のないところで保管してください。

また、完全防水タイプはお風呂で使用することができて便利ですよ。ただし、水洗いできてもお風呂での使用ができないモデルもありますので、よく確認して選んでくださいね。

 

お値段もパナソニックフェイスシェーバーで2,000円前後で買えるものが殆どですのでお財布に優しい所もいいですね。

是非お試し下さい。

 

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。