最近裸足で歩いた事がありますか?アーシング健康法

脱毛コラム

松江市(島根県)の脱毛専門店

全身脱毛サロン「キラ肌 松江店」の美肌コラムをご覧頂きありがとうございます✨

今日のコラムはアーシング(グラウンディング)

という体内静電気を抜くことが私たちの健康増進に役立つことについてお話しします。

最近、裸足で歩いたことがありますか?

砂浜や空気もキレイな森林の中で、裸足になって歩いてみませんか?

裸足で地面に触れることで、ストレス、痛み、睡不足、統合失調症などに効果が期待できるという科学的エビデンスをご紹介しましょう。

裸足で走ったり、地面に立ったりすることは、全くお金はかかりませんよね。

ますます暑くなってくるこれからの季節に、まさにぴったりの健康法といえます。

ここではアウトドアと裸足の効果についてご説明します。

アーシングは裸足で地面に直接触れることを言います。

英語ではearthing とかgroundingと言いますが、どちらもまさに大地に足をつけることです。

Down to earthという言い回しがありますが、地に足がついた生活をしているとか、言うべきことをはっきり言う実直な人という良い意味で使われます。

アーシングに関してエビデンスをご紹介しましょう。

Journal of Environmental and Public Health2012)によると、裸足で地面に触れることで、健康続伸が期待できるといいます。

その根拠は「体内静電気」が抜けることで、病気の予防や改善につながるというのです。

裸足で歩くことは慢性的なストレス、自律神経失調症、炎症、痛み、睡眠障害、てんかん、過剰凝固性血液疾患、心血管系を含む一般的な不調改善に期待できます。

これまでの研究の結果、裸足で地面に触れることは、日光や水、栄養ある食べ物、運動などと同様、人間の健康になくてはならないものであることが判りました。

体内静電気とは私たちの体の中にたまっている静電気のことです。

地面を触ったり、歩いたり、泳いだり、釣りをしたり、農作業をしたりすることで静電気が除去されます。

靴を書く習慣、化学繊維、食の欧米化、電化、界面活性剤、乾燥など、現代の生活は静電気を起こしやすいのです。

体内静電気は、徐々にしか抜けていかないので、意識的、継続的にアーシングする必要があります。

また土の上を裸足で歩く事で足の裏から微生物も取り入れられ自然酵素が得られる事で、海外ではダイエット法にも取り組まれています。

「体内静電気は万病の元となる」

その他、日常生活で意識的に行うと良い活動をあげてみましょう。

🍀素手でガーデニングをしたり、裸足で土の上を歩いたり、潮干狩りや海水浴を楽しんだりする

🍀公園の芝生の上を歩いたり、寝ころぶ

🍀ミネラルが豊富な食事をする(日本の伝統食はミネラルが豊富で、ミネラルは、体内で水に溶けた後、イオンになり、静電気を中和する)

日本の伝統食といえば、新鮮な野菜や味噌汁、玄米、海草、魚介類、漬物などですね。

いずれもミネラルが豊富で、偏食しないことが大切です。

もちろん病気の原因は、体内静電気がすべてではないことは確かです。

ストレス、運動不足、環境汚染等、いろいろな要素が複合的に絡み合って病気になっています。

今回はアーシング(グラウンディング)という体内静電気を抜くことが私たちの健康増進に役立つことについてお話ししました。

地面を裸足で歩いたり、素手で土や植物に触ったり、海水浴や浜辺を素足で散歩したり、、、

既に生活の中に取り入れられている人も多いでしょう。

心も体も軽くなってすっきりするという体験は誰にでもあると思います。

筆者もその一人ですが、その理由が体内静電気が抜けることでもあったとは、驚きです。

裸足で地面に立つのは12秒でOKで、長時間続けるよりも、1日の中で何度も行うほうがよいそうです。

今年の夏はキラ肌で全身美肌になり

ビーチを裸足で歩きコロナストレスを発散させましょう(^^)

アーシングでコロナストレス発散

関連記事

この記事へのコメントはありません。